精神を安定させる抗うつ薬

薬を飲む際に

ベンチに腰掛けて悩む男性

うつ病は休養を取ることと、投薬をきちんと続けていくことが、改善する鍵になります。うつ病は一度良くなったと感じていても、再発することが多く長期的に治療を行うことを考えなければなりません。自己判断で薬の中断を行った場合、うつ病を悪化させることにつながります。良くなったと思っていても、実際には回復していないということもよくあります。そのため、医師が継続していくよう指示した場合は、服用していくことがとても大切です。

うつ病の薬は、飲み続けることで薬の血中濃度が保たれます。調子がいいからと行って飲まないということはよくありません。飲んだり飲まなかったり、また飲み忘れがあった場合、正しく効果を得られないということがあります。また、抗うつ剤の治療の場合、少量から始まり、その人の症状によって量が増えていきます。薬の量が増えたことにより、不安を覚えて自己判断で量を減らすということもあります。指示された量を飲み、副作用が疑われた場合はすぐに主治医に相談を行うことが大切です。副作用として起きやすいのは、ふらつきやめまい、頭痛や精神的な不安などです。また、反対に薬が減ったことに不安を覚えて従来通りの量を飲み続けるという人もいます。薬を飲み続けるのではなく、医師に相談の上薬の寮を決めていくことが大切です。

抗うつ剤は、飲んだらすぐに効果が現れるタイプの薬とは異なり、実感できるまで2週間程度かかります。だいたい1カ月程かかることも多いので、うつ病は長期的に治療を行うことが大切です。副作用が現れることや、症状が改善しない場合は医師に相談を行うことで、改善されます。違う種類に変更されることや、量の調整が行われます。