精神を安定させる抗うつ薬

昔ながらの薬

悩む女性

うつ病の治療について

うつ病と診断された場合、SSRIやSNRIが処方されます。しかし、中には症状の改善が見られない人もいます。そのような場合に使用されるのが、三環系抗うつ薬と、四環系抗うつ薬です。SSRIやSNRIに反応しない場合や、効果があまり見られないような時に使用されることが多く、ノルアドレナリンの再取り込み阻害作用があります。三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤は、昔から使用されてきた薬でもあり、脳内の神経伝達物質に大きく強く作用していきます。

薬の副作用とその注意点

三環系抗うつ剤は、うつ病やうつ状態を改善する薬として昔から使用されてきました。うつ状態以外にも、夜尿症や遺尿症にも効果があります。三環系抗うつ剤は、強く作用していくので、重度のうつ状態の時にも使用されることがあります。また、四環系抗うつ剤というものもあり、三環系抗うつ薬よりも副作用が少ない薬として知られています。これらの薬は、うつ状態やうつ病に効果があります。

抗うつ剤のみの治療で、症状が改善するのは50%というデータがあります。抗うつ剤のみで症状が改善しないことも多いです。抗うつ剤のみだけでは改善が見込めない場合、抗うつ剤のみの治療だけでなく、非定型抗精神病薬を併せて使う、増強療法というものがあります。非定型抗精神病薬とは、主に統合失調症で使用される薬です。神経伝達物質の一つであるドパミンが過剰な場合には抑制し、ドパミンが抑制されている時には、活性化するという働きがあります。抗うつ剤と一緒に使うことにより、抗うつ効果を高めることができ、うつ病の治療に効果的です。

うつ病の治療はそれぞれのケースによって多少変わってくるものですが、その大半は睡眠薬や抗うつ剤などの薬をうまく活用して行っていくことになります。睡眠薬はうつ病の人が経験しやすい症状、夜眠れない、眠りが浅いといった症状を軽減するものでこれ単体でも体の不調をかなり改善することができます。正しい眠りは体の調子を整えるには最適の方法ですし、それによって精神的にも体力的にも安定した状態維持することができるのです。 抗うつ薬はその名の通り、気分の浮き沈みなどのうつ病ならではの症状を抑える効果があります。精神的なストレス、うつ病の原因をなかなか排除できないという人でもこうした薬を使えば比較的簡単に気分を変えることができますし、より確実です。

うつ病の治療で使用される薬には少なからず副作用というものがあります。これは今回挙げた薬以外にもあるものですが、時には医師に相談する必要のある副作用もあるのでここでしっかり押さえておきましょう。 うつ病の治療に使用される薬の副作用としてよく挙げられるのは、頭痛や下痢、吐き気、そしてめまいなどの諸症状です。これら以外にも副作用として挙げられる症状はあるのですが、今回はごくごく代表的なものだけを紹介していきます。 これらの症状は一般的に薬の服用を始めたばかりのころ、服用してから1週間程度の間に起こることが多いようです。これらの副作用は薬を飲み続けることで幾分軽減されていくのですが、あまりにも症状が強い場合や日常生活にまで支障を来す場合には体に合っていない可能性もあるので早急に医師に相談するようにしましょう。