精神を安定させる抗うつ薬

よく使用される薬

手のひらの上の薬

一般的な治療方法について

うつ病で使用される薬のことを、抗うつ薬や抗うつ剤といいます。うつ病は、脳内のセロトニンやノルアドレナリン等の気分や意欲に関わる働きをする物質が減少することにより発生すると言われています。抗うつ薬は、日本で広く用いられており現在では主にSSRI、SNRI、NaSSAの三種類が使われています。これらの薬の特徴として、副作用が少なく即効性があります。以前は、抗うつ薬の副作用として口の渇きや、便秘、排尿障害等がありましたが、SSRI、SNRI、NaSSAでは大きく改善されており、副作用が少ない薬となっています。また、抗うつ効果も高いので初期段階で使用されることがとても多いです。

薬の効果とその服用期間

うつ病の薬の中でも現在一番多く使用されているのが、SSRIです。SSRIは、セロトニンの再取り込みを阻害し、神経細胞の間のセロトニンの量をふやすことで、情報伝達の増加を行う薬です。うつ状態や、パニック障害、強迫性障害や社会不安障害にも効果があるとされています。SNRIも多く使用されており、うつ病の症状を悪化させるセロトニンやノルアドレナリンの取り込みを阻害する働きをします。神経細胞間のアドレナリンとノルアドレナリンの量を増やしていくことで、情報伝達を増強していきます。うつ病だけでなく、糖尿病性神経障害の疼痛にも効果があるとされています。NaSSAは、新しい抗うつ剤です。セロトニンとノルアドレナリンの放出を促していきますが、SSRIやSNRIとは異なる方法で行われます。最初に受診して処方される薬として、SSRIとSNRIがよく選ばれます。

うつ病になった人がまず受診することになるのが心療内科などの精神的な病気をフォロー、治療していく医療施設です。大きな総合病院の他に、個人でやっているメンタルクリニックなども見受けられるので、より自分の行きやすい医療施設を利用するようにしましょう。 一般的なクリニック、病院でうつ病の治療を行う場合、個々の症状に応じた薬を処方するというところがほとんどのようです。もちろん、クリニックや病院の中には個別でカウンセリングやその他の療法を用いる場合もあるようですが、最もオーソドックスな治療法としては抗うつ薬を使った治療が挙げられるでしょう。 抗うつ薬はその名の通り、うつ病で起こる様々な症状を軽減する効果のある画期的な薬のことです。種類によっては比較的副作用の少ないものもあるので、飲み始めの抵抗も少ないのではないでしょうか。

基本的に、うつ病の治療で用いられる薬の多くはある程度飲み続けることで初めて効果を発揮します。というのも、飲み始めて直後に効果が見て取れるというわけではなく、数日経過した時点からその効き目が現れるというものが多いのです。ですから、効果がすぐに出てこないからといって勝手に服用を止めたり、服用する量を増やしたりなんてことはしないように注意しておかなければいけません。薬は基本的にやめるときにも医師の判断が必要になるので、その服用期間は個々のケースで異なってきます。 うつ病で処方された薬は、一般的な薬同様、用法容量を守って、医師の指示通りに飲み続けていくことが大切なのです。決して焦らず、気長に病気と向き合い、症状を軽減させていくことこそがうつ病の治療で欠かせないことです。